ユーザ用ツール

サイト用ツール


設立趣意

差分

このページの2つのバージョン間の差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
設立趣意 [2020/12/12 12:01]
donan 削除
— (現在)
行 1: 行 1:
-====== 函館の歴史的風土を守る会設立趣意書 ====== 
  
-函館は縄文時代から平成時代の今日に至るまで、北海道を代表し、 特に本州、東北地方、日本海沿岸地方との交流の北方拠点として、また外国文化の受入地として、重要な役割を果たしてきました。 
- 
-それだけに函館は、日本の文化や歴史を語る場合忘れてはならない歴史的遺産を、他地域には例をみないほどの豊かさを誇っております。そして、これら歴史的遺産は函館に住む人々の精神的糧として、人々の生活の中に静かに息づいてきました。函館に住む人の誇りは、正にこの歴史的風土と共に生まれたものと言えましょう。 
- 
-この意味において、函館に存在している歴史的遺産を守ることは、我々函館に住む者の務めであり、これを保存し、子孫に伝えることは、函館を愛する我々の使命と考えます。 
- 
-しかし、これは口で言うほど簡単ではありません。ましてや行政や文化団体の力だけでは及ばないところです。函館に住む人々がお互いに手をとり、力を出し協力し合ってはじめて、これが可能になるものと考えます。 
- 
-この事から、我々はここに恒久的な住民協力の組織をつくることを考えました。この「函館の歴史的風土を守る会」がそれです。 
- 
-本会の会員は、函館を心から愛する気持ちをもつ人であれば、誰でもよいのです。老若男女問わず、一人でも多くの人々のご参加を求めます。 
- 
-豊かな歴史的風土に恵まれた“ふるさと函館”を市民一人一人の自覚と努力で守りましょう。 
- 
-この運動が実る時、函館のまちは今まで以上に人間尊重都市となることでありましょう。 
- 
-以上の趣旨にご賛同される皆様方のご参加を広く呼びかけます。